土浦市

歴史・民俗博物館

土浦市立博物館

1階の「大名土屋家の文化」コーナーでは、土屋家旧蔵の刀剣・茶道具を、2階は「霞ヶ浦に育まれた人々のくらし」を総合テーマとして、より詳しく土浦の歴史と文化を紹介しています。春(4~6月)・夏(7~9月)・秋(10~12月)・冬(1~3月)の季節ごとに展示替えしています。
また、隣接する亀城公園内に復元された土浦城東櫓も付属展示館として公開しています。

土浦市立博物館

住所〒300-0043

土浦市中央1-15-18(亀城公園となり)

Tel029-824-2928
Fax029-824-9423
Webhttp://www.city.tsuchiura.lg.jp/section.php?code=43
E-mailhakubutsukan@city.tsuchiura.lg.jp
開館時間9:00~16:30
休館日

月曜日(祝日・振替休日の場合は開館)、祝日の翌日(但し、翌日が土日の場合は開館)年末年始(12/28~1/4)、特別展にともなう展示替え期間ほか。

料金

一般105円(75円)、小中高生50円(30円)(土浦城東櫓見学を含む)、( )内は20名以上の団体料金、土曜日の小中高生は無料。

交通機関

JR常磐線土浦駅西口より徒歩15分、土浦駅西口④番または⑤番バス乗り場よりバス「亀城公園前」下車、徒歩5分。
TX(つくばエクスプレス)つくば駅下車つくばセンタ-バス乗り場⑤番より「千束町」下車徒歩10分。
常磐道土浦北ICまたは桜土浦より10分。

イベント情報

〇2019年度春季展示
2019年5月11日(土曜日)から6月30日(日曜日)まで


〇春季展示解説会
5月25日(土曜日) 「空都水郷の土浦」―皇紀二六〇〇年と土浦市制施行記念の絵葉書
6月1日(土曜日)  商家の掟―尾形家「式目」
6月8日(土曜日)  新たな須恵器窯跡の発見―小野裏山窯跡
6月15日(土曜日)  帰城の道中を書き留める―土屋篤直筆『土浦道中絵図」

【時間】午前11時からと午後2時から、いずれも30分程度。
【ところ】博物館展示室
【入館料】一般105円、小中高校生は土曜日のため無料


〇文化財愛護の会「土浦の先賢の碑と拓本」展
2019年6月8日(土曜日)から7月15日(月曜日)まで
土浦市内に残る石碑の拓本(乾拓)を展示します。


〇はたおり体験講座
昔のはたおり機で、裂き織りを体験します。自分だけの木綿布を作ってみましょう。
【日時】6月15日・22日・29日・7月6日・13日・20日(いずれも土曜日)
    午前の部:午前10時30分から12時まで
    午後の部:午後1時から2時30分まで
【定員】各回2組
【対象】小学生3年生以上の方
【費用】最初の15㎝までは200円(以降は10㎝ごとに100円ずつかかります。)。最大で55㎝(600円)の布を織ることができます。
【申込方法】電話もしくは博物館受付まで


〇糸賀茂男の館長講座「館長が語る歴史物語」
平安時代の政治・経済・社会・信仰(宗教)を中心にお話しする全10回の講座です。
【日時】2019年6月30日・7月28日・8月25日・9月29日・10月27日、11月24日・12月22日・2020年1月26日・2月23日・3月29日(各回とも日曜日)。午後1時から3時まで
【定員】70名
【受講料】1,000円(全10回)
【申込方法】往復はがきに、住所・氏名・電話番号を明記の上、土浦市立博物館(300-0043 土浦市中央1-15-18)宛に郵送(6月16日まで:消印有効)。応募多数の場合は抽選となります。※全10回まとめての申込みとなります。途中からの参加募集の予定はありません。