坂東市

歴史・民俗博物館美術館

坂東郷土館ミューズ(坂東市立資料館)

郷土の歴史と文化、特産さしま茶等を紹介しています。また、五姓田芳柳(二世)など郷土ゆかりの作家の美術作品を随時公開しています。美術や歴史・民俗関連の企画展や天体観望等のイベントを開催しています。図書館を併設し、天体観測ドーム、視聴覚ホールもあります。

坂東郷土館ミューズ(坂東市立資料館)

住所〒306-0502
坂東市山2726
Tel0280-88-8700/0297-44-0055
Fax0280-82-1111
Webhttp://www.city.bando.lg.jp/page/dir000060.html
開館時間平日10:00~18:30、土曜日・日曜日・祝日10:00~17:00
休館日月曜日(祝日は開館)、祝日の翌日、年末年始(12/28~1/4)
料金無料
交通機関【公共機関】岩井行バス(TX「守谷駅」西口発、東武野田線「愛宕駅」または「野田市駅」発、関東鉄道常総線「水海道駅」発)『岩井局前』下車、タクシーで約20分。 【自動車】 首都圏中央連絡自動車道(圏央道)坂東ICから約10分、常磐自動車道谷和原ICから約40分。
その他【坂東市立猿島図書館】 猿島図書館は、坂東郷土館ミューズの中に併設された図書館です。 坂東市には図書館が2館(岩井図書館・猿島図書館)あります。 雑誌、絵本から郷土に関する資料まで、さまざまな書籍と、ビデオ、DVD、CDなどのAVソフトを収蔵。情報収集や学習、交流の場として幅広く御利用いただけます。 開館時間:平日10:00~18:30、土曜日・日曜日・祝日10:00~17:00   【天体観測ドームと天体望遠鏡】 ~~宇宙は夢とロマンの宝石箱~~ 坂東郷土館ミューズのランドマークにもなっている天体観測ドームは最新式の20cmクーデ式天体望遠鏡を備えています。 天体講座(月1回程度開催、要申込)や太陽観望(土曜日)を行っています。

イベント情報

エベレスト初登頂を撮った男.jpg
企画展
日本山岳会 エベレスト初登頂を撮った男
        ― 報道カメラマン 木村勝久 ―」

1960年の慶應義塾大学ヒマルチュリ初登頂、1970年の日本山岳会エベレスト初登頂に同行し、過酷な自然に挑戦する登山隊の活動を撮影した報道カメラマン 木村勝久を紹介します。
[会期]
 3月17日(土)~5月27日(日)
[会場]
 坂東郷土館ミューズ(坂東市立資料館)
[開館時間]
 平日 AM10:00~PM6:30
 土・日・祝 AM10:00~PM5:00
[休館日] 
 月曜日(祝日の場合はその翌日)、祝日の翌日
[入場料] 無料
企画展紹介ページ → 【こちらをクリック】

坂東郷土館ミューズでは、郷土の歴史や文化、美術を紹介する展覧会のほか、図書館のおはなし会、映画会やコンサート、天体望遠鏡を使用した星空の観望会など、さまざまな催し物を随時開催しています。
皆様のご来場をお待ちしています。

坂東郷土館ミューズの催し物のお知らせ
 → 【こちらをクリック】